学校用理科実験用具 トピックス
2017.9. 8

ふしぎ 発見

こんにちは~!だいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきました。

これが秋なんですね。

 

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・

読書と言えば、ちょっと気になることがありまして。。

 

名前は聞いたことあったけど、中身を読んだのが最近、の

 

「はらぺこあおむし」

について。

 

読書で絵本って飛びすぎですか、笑。

それはともかく、大変有名な絵本ですよね。

 

ストーリーの中で、あおむしがさなぎになってしばらくすると、きれいな蝶々になる、という場面が出てくるのですが、、、

 

「うんうん、そうだよね、蝶は、たまご→幼虫→さなぎ→成虫って育つんだよね~!

小学校3年生で習った習ったー!!」(←当時その知識を習得していたかは不明。)

 

そう思うのが普通。というか、この場面について特に何も思わず読み進める。

 

 

が!

 

 

何度か(何十回か、いや百回くらいか、いや、おおげさか、笑)読んでいてふと思いました。

 

え、待って。。。

 

たまご→幼虫→さなぎ→成虫?!

特に、

 

幼虫→さなぎ→成虫って?!

 

 

あおむしがどうなって、どうなると、あんなきれいな蝶になるの?!

 

ちょっと調べてみると

さなぎの中でドロドロになるとか、細胞の塊に解体されるとか。。。

 

ひぇ~!!中でそんなことが起こっているのか!

さなぎすごーい!

 

生物の神秘です。

ドロドロ、解体?この部分がミソなんですかね。

 

生物系の方にはそんなこと当たり前だよ、と言われるかもしれませんが、私にとっては無知の知。

読書の秋なので、図書館に行って詳しく調べてみます。

 

また詳細ご報告します。

 

 

以上、絵本から身近にある ふしぎ 発見 のご報告でした。

                            〈せな〉

TOP